お給与はもちろん米国㌦---日本と違うのはティップ所得の存在

CR契約社員へのお給与は、もちろん米国㌦にて、週給の形で支払われます。毎週、日曜日~土曜日の7日間の勤務に対する給与が、翌週の木曜日に銀行振り込み(希望者は小切手での受取りも可)にて支払われます。
 
日本と大きく異なるのは「ティップ(Tip)所得」の存在です。ティップとは、主に欧米の接客業界において、サービスを受けられたゲストの方が、そのサービスへの謝礼として、会社を通さずに直接社員にお支払い下さるお心付けの事です。日本社会ではあまり馴染みのない、国際社会ならではの慣習です。

ティップ 会計風景ティップ所得の対象となる職種は、ホテル、フルサービス・レストランなどの「直接接客業務」が対象となり、一般的に物販、ファストフードなどの職種は対象外となります。日本館において、ティップ所得制の対象となるのは「鉄板江戸&東京ダイニングの接客業務5職種」のみとなります。物販部門(ショップ)ゲスト・サービス職種、ファストフード・ゲスト・サービス職種はティップ所得適用の対象外となり、所得は会社から支給される時給のみで構成される「時給所得制」となります。
 
ティップ所得は「お客様からのお心付け」です。アメリカではその支払う金額に法的規則はありません。米国社会の習慣によりお心付けは15%~20%前後と認識されていますが、接客の質によりお客様からそれ以上のお心付けを頂戴することもあります。より高いサービスに対してより高い謝礼を得られる可能性があるということです。
 
米国接客業界ではティップ所得者は時給所得者より収入が多い傾向にあります。ティップ所得はお客様から直接サービスを受けた上で、お客様からの感謝の心を肌で感じることができる所得制度で米国で働いてこそできる経験の一つです。

 

時給所得制とティップ所得制違い

既述の通り、CR契約社員の所得制度は「時給所得制」と「ティップ所得制」の2つに大別されます。
職種によって取得額は異なります為、詳細は下記票をご覧下さい。
 
以下、三越CRプログラムへの将来的参加を視野に、米国での経済的生活設計を御思案の皆様への参考資料として、18年度の平均的な見込み所得を過去のデータをベースに算出し、あくまでも目安としてではございますが、御紹介させて頂きます。

  時給所得 ティップ所得
時給 $9.05 $5.08
ティップ所得 対象外 対象
週所得目安 $350.00 $510.00
年収所得目安 $18,200.00 $27,100.00